HOME > 2018年問題とこれからの音楽教育〜激動の転換期をどう乗り越えるか?〜

営業案内(本社店頭)

岡谷市中央町3-3-1

  TEL 0266-23-2189

  FAX 0266-23-2129

【営業時間】

  9:00〜18:00

  お盆・年末年始は休業あり


地図(岡谷本社)


※茅野パルク店は岡谷本社に統合されました
| RSS |
新刊 : 2018年問題とこれからの音楽教育〜激動の転換期をどう乗り越えるか?〜
投稿者: admin 投稿日時: 2017-02-04 01:50:29

  〜書籍〜
 2018年問題とこれからの音楽教育
〜激動の転換期をどう乗り越えるか?〜

 
 【出版社】螢筌泪魯潺紂璽献奪メディア
 【定 価】各¥2,000+税
 【発売日】好評発売中

 
♪音楽を学ぶ意味とは何か?
【2018年からの18歳人口の減少】 【文系学部の廃止】 【受験者数の減少】―。
大きな転換を迫られる中、これからの音楽大学や教員、そして学生は何を目指し音楽と向き合うべきなのか?
音大キャリア研究の第一人者が音楽教育の真髄を解き明かし、その未来をダイアナミックに予測します♪

【目次】
第1章【文系廃止】により以前に、【芸術系廃止】が始まっていた。
第2章【転換期】の日本の音楽大学。
第3章義務教育から音楽をなくしてはいけない理由。
第4章【音楽大学卒】は儲かる、儲からない?
第5章音楽大学はなぜ必要なのか。
第6章21世紀の音楽家のキャリア・デザイン。

■著者:久保田慶一【国立音楽大学教授】